カードローンとキャッシング

キャッシングとカードローン。どちらもお金を借りるという点では同じですが、何が違うのでしょうか。

大手消費者金融でカードローンの契約を行うと、ローンカードが発行されます。これは借り入れや返済に使うカードで、銀行のキャッシュカードと同じような機能を持っています。

ATMで借入金を引き出せるのは、ローンカードだけではありません。キャッシング機能のついたクレジットカードでも、同じようにATMで現金を引き出すことができます。

一般的には、カードを使ってATMで借入金を引き出すことをキャッシングと呼ぶことが多いようですが、ローンカードを使ったキャッシングと、クレジットカードでのキャッシングには大きな違いがあります。それは返済方法。クレジットカードの場合は、翌月に一括返済することが基本となっています。

ローンカードの場合は、毎月一定の金額を長期間に渡って返済していくことになります。長期間借りていると、利息を支払う期間もそれだけ長くなりますが、すぐに返済するのが難しいという場合は、カードローンの方が便利です。予定よりも早く返せそうだという場合は、繰り上げ返済が可能なカードローンもあります。

カードローンに申し込む際は、返済方法をきちんと確認して、選択肢の多い消費者金融に申し込むことで、利息を抑えることも可能になってきます。