「お金に困ったとき」カテゴリーアーカイブ

アルバイトでも用途自由のキャッシングを利用する事が可能

数ある融資サービスの中でも自由度が高い事が魅力のキャッシングはアルバイトでも申し込みをする事が十分に可能です。申し込みをするには利用条件を確認しておく事が大切であり、その利用条件は満20歳以上満70歳未満であり、一定の収入が得られている事です。申し込み方法は、インターネットを使って公式サイトから申し込む事が出来るWeb申込み、自動契約機を使った申込みなどがありますので、申込者の都合が良い方法で申し込めます。

申込みの際には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類を用意し、Web申込みであれば、スマートフォンのカメラ機能で書類の写真を撮影して所定のフォームから送信するのが便利です。自動契約機を使っている場合には備え付けのスキャナーで読み取って、端末の指示に従って送ります。申込みをしてから審査が行われ、審査を通過すれば契約をする事ができ、アルバイトでもキャッシングの利用が出来ます。

クレジットカードの契約件数も要注意!影響は消費性ローンだけではない!

銀行や大手消費者金融でキャッシング契約する際、他社借り入れ件数や残高が審査に影響することは知られています。この点は、初めてキャッシング契約する方ならあまり気にする必要はありません。しかし、我々の生活の中で借金と見なされるものはローンだけではなく、クレジットカードによる支払いも厳密に言えば借金です。

そして、クレジットカードの契約件数が多い方は必然的に利用可能額も高額となり、高額な借金が可能ということになります。つまり、必要以上の契約は審査に不利になるリスクがあります。また、キャッシング契約をしていないのに審査が通過し難い、契約できる利用可能額が低い場合、クレジットカードのリボ払いに注意するのがポイントです。

リボ払いは基本的には消費性ローンに似ており、利息同様に毎月手数料が発生しています。また、リボ払いの残高が多い場合は家計収支が悪く、多重債務や債務超過リスクがあると判断されかねません。クレジットカードがキャッシングに関係しないと判断せず、金融商品の契約であることを理解するのが重要です。

大手消費者金融の選び方を考察します

大手消費者金融とはアコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットの4社です。ズバリどこがオススメかと尋ねられたらどこも同じだよと答えがちですが、その理由をお答えします。

まず融資限度額はアコムとSMBCモビットが最高800万円ですが、はっきり言って99%の方には関係ありません。なぜなら初回の融資限度額は20~30万円に設定される方がほとんどだからです。

次に金利もアコムとSMBCモビットが年3%からとなっていますが、前述のようにほぼ50万円以下の融資限度額となり、金利も年18%となります。プロミスのみ0.2%低いですが誤差の範囲とも言えます。

一番の違いは無利息サービスの有無とその内容です。まず無利息サービスはSMBCモビットのみありません。またアコムとアイフルは契約の翌日から30日なのに対し、プロミスのみ初回借入の翌日から30日でプロミスにやや利点があります。

ですから無利息サービスの違いと金利の若干の低さでプロミスが一番オススメとなります。

カードローン利用中にローンカードの再発行!手数料が掛かるものが多い!

カードローンでキャッシングしていると、ローンカードの紛失やカードの磁気不良にあうことがあります。申し込みの際には、ローンカードの再発行に掛かる手数料を確認しておくことも重要です。一定の条件すなわち磁気不良や破損、汚損であれば、手数料が無料というところは多くなっています。

しかしながら、紛失という場合、再発行時には1080円を支払う必要があり、無駄な出費になります。特に少額の借り入れしかしない方には、利息よりも高いと感じてしまいます。そのため、ローンカードの紛失による出費を避けたいという場合は、カードレスで利用できるものがおすすめです。これならば無くす心配もない上、紛失を恐れ自宅で保管し家族にバレるリスクも無くなります。

知っておくと便利は傷病手当金について

急な病気やけがで仕事ができなくなってしまったとき、お金に困ってしまうことがありますよね?

どうしても困ったときにはキャッシングで借金をするという前に、傷病手当金という制度を利用するようにしましょう。

この制度は、病気などで仕事ができなくなってから4日目以降から対象になる保険であり、

3ヶ月の給料を30日で割った額の3分の2程度あたりが支給額になります。

会社の経理などに申し込んで、しっかりと自ら申請しておくといいでしょう。 申請をしないともらえない制度摂家になっていますので

必ず申請しておきましょう。

働いていないときに、新規に借り入れするのは難しいですから、困ったときはこういった制度をしっかり活用しましょう。