「キャッシング体験談」カテゴリーアーカイブ

思い切って消費者金融に申し込みました

新しい冷蔵庫を消費者金融からお金を借りて買いました。消費者金融からお金を借りるのは利息も高そうですし他にもいろいろと心配なこともありましたが冷蔵庫が無いと生活ができないので思い切って申し込みをしました。私が働いているパート先にも消費者金融からお金を借りているひとがいるのでそんなに心配する必要もないだろうと思っていましたが初めてのことなので不安でした。

申し込みはインターネットで出来ると聞いたことがあったのでどの消費者金融にしようかと探しているとプロミスのレディースキャッシングという名前に目が止まりました。レディースキャッシングなら安心なような気がしてホームページを開くとパートやアルバイトでも申し込みができると書いてあり女性オペレーターが対応してくれるということなので問い合わせてみることにしました。

電話に出てくれた女性のオペレーターにパートで働いている私でも借りられるのかですとか、借りたい金額を伝えて利息が幾らくらいになるのかなどいろいろと質問をさせていただきました。そして利息の計算方法ですとか無利息になる期間があることなどを教えてもらいました。

これならお金を借りても大丈夫だと思い正式に申し込みをしました。審査に落ちてしまえば借りられませんが借入限度が10万円ということで審査に通ることができました。10万円あれば新しい冷蔵庫を買うのに足りるのでとりあえず半分の5万円だけ借りることにしました。借りたお金は私の銀行口座に振り込んでもらえました。

30日間は無利息だったので利息もそんなに大きくならず思い切って申し込みをして良かったと思っています。

キャッシング限度額まで借りて返済に苦労しました

若かりし頃は、物欲が非常にありました。車、洋服、パソコンなど新しいものを見るとどんどん欲しくなってしまう性格でした。その上、友人や彼女との旅行や飲み会など、毎月の出費額を私の給料では賄えない場合がありました。就職してクレジットカードを持っていてそれを利用して買い物をしていたのですが、ある日キャッシングに手を出しました。

すると、あたかも自分の給料が増えたような錯覚をして、返済義務があるにもかかわらず不思議な余裕が心の中に生まれました。キャッシングの限度額が、毎月の給料に上乗せされたかのように…。何度かキャッシングを行ううちに、すぐに限度額に達してしまいました。

それからは、返済が非常に大変でした。返済日に全額を一旦返し、その数日後に生活費のためにまたキャッシングをし直すということが続き、1年半をかけてやっと全額返済しました。毎月の生活を今まで以上に切り詰めなければならなかったので苦労しました。その教訓をもとに、キャッシングを利用することを完全に辞めました。

ドキドキの初めてのカードローン

先月、友人の結婚式が3件重なり、どうしても現金が必要になりました。

普段生活費が苦しくてもカードでなんとかやり過ごし、次の月に返済するという手段を取っていましたが、結婚式は現金が必要です。

夏のお盆の帰省などで余裕資金は底をつき、でも親しい友人の結婚式には絶対に出たい。

悩みに悩んだ末、普段使っている楽天カードにキャッシング枠があったのでは?と思いつきました。

調べてみると、ちゃんとキャッシング枠が付いていました!サラ金のようなものでは?と少し不安になり返済方法を調べてみると、ただ次の月にいつもの利用分と同じように引かれるだけとの事でした。

近くのコンビニに行き、楽天カードを入れてみるとキャッシングを選ぶボタンを押して、金額を入力、暗証番号を入力するというステップで簡単に引き出せました。

もちろん利子はお支払いしなければなりませんが、次の月に引き落としできれば10万円借りて1500円以下の利子ですみました。

どうしても現金が欲しい時にこんなに手軽に安全にお金を借りることができるのかと感謝の気持ちでいっぱいです!