「キャッシング審査」カテゴリーアーカイブ

キャッシング審査にアルバイトで挑むポイント

キャッシング審査では安定した収入の流れを持っている事が重視され、これは返済能力の確認を審査で行うからにほかなりません。

上場企業の正社員や公務員は安定した立場で収入の流れも持っていると判断されますから、キャッシング審査ではスムーズに進む可能性が高く、アルバイトやパートの方は審査が通るのかどうか不安という方も多いです。

結論から言えばポイントを押さえて審査に挑むと、銀行や消費者金融でキャッシングサービスを受けるのは可能になっています。

ただし、アルバイトを始めてすぐに審査というのではクリア出来ない可能性があり、半年程度継続的に仕事を行い収入の流れを持つ必要があり、収入の流れを持てば枠に応じたキャッシングは可能です。

もちろん大きな借入は難しいですが、小口キャッシングはアルバイトの方で利用している方も多く、返済能力に応じた利用が出来ます。

審査時には個人証明書が必須であり、必要書類を添えて挑むと良いですし、過去に借入があったり、すでに他社に借金がある場合は、審査を慎重に行われる可能性が高いです。

いずれにしても必要書類を添えて、収入の流れを持ってキャッシング申込みを行うと、適切な枠の範囲でアルバイトの利用は可能になります。

キャッシングに必要な書類を用意しよう

キャッシングやカードローンを利用する際は、真っ先に審査を行う必要があります。審査を行うためには必要な書類を用意する必要があるので、どのような書類が必要になるのか、事前に知っておくと良いでしょう。必要な書類といっても、それほど用意するのが難しい書類はありません。

個人情報が確認できる書類は複数ありますが、免許証や保険証、パスポートなどを利用することが可能です。特に即日融資を考えている場合は、スピーディーに契約を行うためにも、キャッシングに必要な書類をしっかりと用意しておきましょう。

現在申し込み方法としてはインターネットを利用した申し込みが一般的になっています。しかし書類提出等どのように行ったらよいのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。消費者金融にキャッシングやカードローンで必要になる書類を提出する場合は、必要書類をカメラで撮影し、そのデータをメールや専門のアプリを利用して提出することになります。

少し前まではパソコンからメールを送って、キャッシングの申し込みを行うことが一般的でしたが、最近ではスマートフォンのアプリが非常に便利になっており、撮影から提出までスムーズな申し込みが可能になっているので、利用してみてはいかがでしょうか。

キャッシング審査がゆるいのはどっち?

最近は色々な会社がキャッシングサービスを提供しています。

そこで気になるのが申し込み時の審査です。

できれば審査の緩い会社でキャッシングしたいと思う人も多いでしょう。

しかしキャッシングの審査は公表されていないのでその会社ごとの独自基準で判断されます。

金利が低ければ低いほど貸し出す方の儲けは低くなるので当然審査も厳しくなります。

金利が低いキャッシングで有名なのが銀行のカードローンです。

銀行のカードローンは低い金利でお金を借りることができるので一見お得に見えるのですが、その分審査が厳しいと評判です。

どんなに金利が低く設定されていても審査に落ちてしまってお金を借りることができなかったのでは何の意味もありません。

逆に消費者金融のカードローンは審査が緩いとよく言われています。

確かに金利は銀行のカードローンと比べても高めに設定されていますがその分審査が緩く即日融資にも迅速に対応してくれます。

自動契約機の設置数も豊富なので外出先で急にお金に困ることがあってもその場で申し込みをして借入が可能です。

審査も20分ほどで終了するので長々と待たされる心配もありません。

発行されたカードはすぐに使用が可能で自動契約機にあるATMやコンビニATMでお金を引き出すことができます。

このように審査が緩いというだけでなく使い勝手がよいというのも消費者金融のカードローンのよいところです。

アルバイトでキャッシングを利用できるか

これからアルバイトの人でキャッシングを利用したいと思っている人も多いかと思います。
ですが、中には当然アルバイトでキャッシングが利用できるかと思っている人もいるかと思います。

では、実際にアルバイトでキャッシングを利用できるかというとそれは可能です。
確かにキャッシングを利用しようと思った時は毎月しっかり収入がないと借り入れできないです。

ですが、それとアルバイトだとキャッシングを利用できないというのは話が違います。
アルバイトでも毎月収入があればちゃんとキャッシングを利用してお金を借りれます。

ただ、その時はちゃんと毎月アルバイト収入があるかどうか確かめるために
収入証明を求められる事になります。

なぜなら、正社員とは違って本気で毎月お金を稼いでいるかどうかがアルバイトだと
怪しいからです。ですから、アルバイトでもキャッシングを利用できますが
その際は毎月アルバイトで収入があるのが必須条件になります。

もし、アルバイトで収入がしっかりあるならその収入に応じて借り入れが可能になります。
ただ、注意しないといけないのはアルバイトをやっていれば良いという事でなくそれで毎月いくらかの収入がある事が条件になります。

それを満たさないとアルバイトでキャッシングを利用できないです。

家事手伝いという職業ではキャッシングの審査には通りづらい

職業というのもキャッシングにおいては非常に大切な部分になると思います。女性でたまに「家事手伝い」という職業を名乗る方がいますが、これは厳密に言えば無職とは違うのかもしれません。ただ、キャッシングにおいては、多くの場合無職と同様の扱いをされてしまうと思われます。それは収入がない場合が多いからです。

収入が少しでもあれば、それはアルバイトやパートと変わらないので、キャッシングの審査に通る可能性も一応ありますが、無収入となると、職業と問わず、キャッシングの利用は難しいです。

キャッシングにおいては、労働による収入が必要なので、収入を得る労働をしていなくても、お小遣いとかを貰っていれば収入自体はあるかもしれませんが、お小遣いとか、仕送りのような労働以外の収入は、収入と評価されないことが多いです。

つまり、家事手伝いの人は、無職と同じ扱いであり、かつ収入がないと判断される可能性が高いということです。収入が少なくても働いてさえ要ればまだ可能性は出てきますが、無職の人もそうですけど、家事手伝いという形で現在生活している人も、もしキャッシングのを利用したいシーンがきても借りられる可能性はかなり少ないと思っておきましょう。