「キャッシング返済」カテゴリーアーカイブ

キャッシングの返済が遅れてしまった時は

返済が数日ほど遅れてしまった場合は、特に何かを言われることはないです。延滞と言えるほど深刻ではないので、気にせず日常生活を続けると良いでしょう。ただ、30日以上キャッシングの返済をしていない場合は、金融会社から午前9時から午後8時の間に電話がかかってくることがあります。電話の相手は業者で、支払いが滞っている事に対する理由を聞くことが多いです。事情を適切に伝えれば、1ヶ月くらいなら待ってもらえます。

知人か家族の誰かからお金を借りて、最低支払い限度額分だけでも支払えば連絡が来なくなります。あと、業者は余程の事情がない限りは直接訪れることはありません。

電話が来ても無視を決め込んでいると、郵送という形で返済して欲しいと伝えてきます。送られてくるのは手紙か葉書で、いくらキャッシングで借りていて金利をどれほど支払う必要があるかについて記載されています。記載された通りの金額を返済すれば、電話が入ったり郵便物が届いたりすることがなくなるので、支払い能力があるならこちらを選んだ方が得策です。

返済が遅れると、会社の方に取り立ての電話が入ると恐れる人も多いと思われます。ですが、法律によりそれはできないことになっているため、安心して良いです。会社だけでなく、バイト先も同じように電話は来ません。

ご利用は計画的に!返済を考えてキャッシングしましょう。

当時付き合っていた方と急遽お休みが合ったので、旅行に行こうと計画を立てましたが、給料日前だったこともあって恥ずかしながらお金に余裕がなかったのです。

親兄弟、友人に借りる…なんて考えは毛頭なかったので、どうしようかと思っていたそんな時、テレビCMを見て無利息だと言う謳い文句につられ、給料が入ったら返せば良い、と言う軽い気持ちで数万円キャッシングしました。

その場で現金が手に入ったので、借りる理由だった恋人との旅行はとても良いものとなりました。しかし、その時のキャッシングは給料日後すぐに返したのですが、また次の給料日前に夕飯を少し良いものが食べたくなり、再度キャッシングしました。
その次の月は友人の誕生日と結婚式が重なり…そのうち、額が少しずつ増え、キャッシング増額の話を持ちかけられまんまとその話にのり、気づけば毎月給料の三分の一は返済にあてる額になっていました。
しかしながらお金があると思うと心に余裕が出るのか、給料が入ると節約することもせず、月末また借りる…の繰り返しで、今に至ります。

是非、強い意志を持って利用してください。意志が弱かったりもう少しくらいなら…と少しでも考えてしまうと、いつの間にかキャッシング→返済の繰り返しの日々になってしまいます。