消費者金融のキャッシング審査で重視している点は?

消費者金融にキャッシングの申し込みをすると審査が行われますが、問題が発生したりすると落ちてしまう可能性もあります。審査に落ちるとキャッシングをする事が出来ないので困ってしまう事も多いです。そこで消費者金融のキャッシング審査では何を重視しているのか確認していきましょう。

消費者金融のキャッシング審査では返済能力があるかどうかを判断していくので年収、他社借入件数などをしっかり確認します。年収は最低でも100万円以上で月に1回以上の収入を得ている事が可決の目安となります。また収入面がしっかりしていても他社からの借り入れがあると返済能力に疑問が出てきてしまいます。それで他社からの借入件数が3件以下というのも可決の目安となっています。

万が一に備えた銀行カードローン!1年以上利用しないと解約に!

銀行カードローンを万が一の備えとして、契約するケースは少なからずあります。契約だけしている場合、利用しない期間が一定以上経過すると、解約となる銀行カードローンは少なくはありません。一度解約してしまうと、再度申し込みから審査を受ける必要が生じてしまるため、適宜利用するということもカードローンの契約を維持する上では重要になります。

商品詳細が説明されるホームページでは、貸付条件表に記載が無く、見逃してしまうケースがあります。そのため、カードローンを契約した際は、取引規約にカードローンの解約条件が記載されていないかどうかチェックすることが重要になります。

使っていないカードローンだとしても、維持にはそれ相応のコストが掛かるため、自動的に解約されないように年1回程度は利用し、直ぐに返済するなどの対策が肝心です。

カードローン利用中にローンカードの再発行!手数料が掛かるものが多い!

カードローンでキャッシングしていると、ローンカードの紛失やカードの磁気不良にあうことがあります。申し込みの際には、ローンカードの再発行に掛かる手数料を確認しておくことも重要です。一定の条件すなわち磁気不良や破損、汚損であれば、手数料が無料というところは多くなっています。

しかしながら、紛失という場合、再発行時には1080円を支払う必要があり、無駄な出費になります。特に少額の借り入れしかしない方には、利息よりも高いと感じてしまいます。そのため、ローンカードの紛失による出費を避けたいという場合は、カードレスで利用できるものがおすすめです。これならば無くす心配もない上、紛失を恐れ自宅で保管し家族にバレるリスクも無くなります。

レイクの180日間無利息サービスと、プロミスの30日間無利息サービス

初めてカードローンを申し込む時に、うまく活用したいのが初めての契約に限って利用できる無利息サービスです。文字通り、無利息でお金を借りることができます。無利息サービスを行っているカードローンの中でもおススメはレイク。

レイクでは、借入金額の全額が30日間無利息になるサービスと、借入金額のうち5万円だけが180日間無利息になるサービスの2種類があり、どちらか好きな方を選べるようになっています。少額を長期間借りたい場合は、レイクの180日間無利息サービスが断然お得です。どちらがお得になるかはサイト上でシミュレーションできるようになっていて、申込み前に比較することもできます。

もし、30日間無利息サービスの方がお得になるとわかったら、その場合におススメなのは、レイクではなくプロミスです。

プロミスの無利息サービスは、無利息期間が借り入れの翌日からの開始となっていることが大きなメリットです。他の消費者金融では、無利息期間は契約日の翌日からスタートします。

どういうことかというと、審査に通って契約すると、お金を借りていなくても無利息期間がスタートしてしまうのです。契約・即借り入れをすれば問題ありませんが、万一に備えてカードローンを申し込んでおきたいというような人には、無利息期間の30日をフル活用できるプロミスがおススメです。少額だけれどすぐに借りたい、という人にはレイクがおススメ、ということになります。

知っておくと便利は傷病手当金について

急な病気やけがで仕事ができなくなってしまったとき、お金に困ってしまうことがありますよね?

どうしても困ったときにはキャッシングで借金をするという前に、傷病手当金という制度を利用するようにしましょう。

この制度は、病気などで仕事ができなくなってから4日目以降から対象になる保険であり、

3ヶ月の給料を30日で割った額の3分の2程度あたりが支給額になります。

会社の経理などに申し込んで、しっかりと自ら申請しておくといいでしょう。 申請をしないともらえない制度摂家になっていますので

必ず申請しておきましょう。

働いていないときに、新規に借り入れするのは難しいですから、困ったときはこういった制度をしっかり活用しましょう。