クレジットカードの契約件数も要注意!影響は消費性ローンだけではない!

銀行や大手消費者金融でキャッシング契約する際、他社借り入れ件数や残高が審査に影響することは知られています。この点は、初めてキャッシング契約する方ならあまり気にする必要はありません。しかし、我々の生活の中で借金と見なされるものはローンだけではなく、クレジットカードによる支払いも厳密に言えば借金です。

そして、クレジットカードの契約件数が多い方は必然的に利用可能額も高額となり、高額な借金が可能ということになります。つまり、必要以上の契約は審査に不利になるリスクがあります。また、キャッシング契約をしていないのに審査が通過し難い、契約できる利用可能額が低い場合、クレジットカードのリボ払いに注意するのがポイントです。

リボ払いは基本的には消費性ローンに似ており、利息同様に毎月手数料が発生しています。また、リボ払いの残高が多い場合は家計収支が悪く、多重債務や債務超過リスクがあると判断されかねません。クレジットカードがキャッシングに関係しないと判断せず、金融商品の契約であることを理解するのが重要です。

様々な使い方が出来るアイフルのキャッシング

アイフルでは、キャッシングの初回利用者を対象に利息ゼロでの借入が最大30日間出来ます。この仕組みを活用出来る条件をクリアしているのであれば、返済額を少し下げる事が出来ますので、アイフルのキャッシングが使い易くなるでしょう。

アイフルのキャッシングで借り入れしたお金は、使用用途の制限がありませんので、買い物の支払いや公共料金の支払いなどに使えます。利息は、借入利率に基づいてアイフルで計算されて請求が行われる仕組みですが、分割での返済の場合、ほぼ一定額を返済していく事になりますので、返済の負担は借りた金額に応じて変わってきます。つまり、計画的にアイフルのキャッシングを利用する事で返済負担を重くしないようにする事が可能です。

大手消費者金融の選び方を考察します

大手消費者金融とはアコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットの4社です。ズバリどこがオススメかと尋ねられたらどこも同じだよと答えがちですが、その理由をお答えします。

まず融資限度額はアコムとSMBCモビットが最高800万円ですが、はっきり言って99%の方には関係ありません。なぜなら初回の融資限度額は20~30万円に設定される方がほとんどだからです。

次に金利もアコムとSMBCモビットが年3%からとなっていますが、前述のようにほぼ50万円以下の融資限度額となり、金利も年18%となります。プロミスのみ0.2%低いですが誤差の範囲とも言えます。

一番の違いは無利息サービスの有無とその内容です。まず無利息サービスはSMBCモビットのみありません。またアコムとアイフルは契約の翌日から30日なのに対し、プロミスのみ初回借入の翌日から30日でプロミスにやや利点があります。

ですから無利息サービスの違いと金利の若干の低さでプロミスが一番オススメとなります。

人見知りの人でも安心な自動契約機でのキャッシング申し込

キャッシングを利用するためには消費者金融の店頭に足を運んで、その場で担当者と対面をして所定の手続きをするには一般的です。この方法ではキャッシングについてよくわからない点や申し込みの手順について直接担当者に聞きながらキャッシングの申し込みの手続きができるという安心感があります。

しかし、人見知りであったり、お金を借りるということを極力誰にも知られたくないという人にとっては消費者金融の店頭でのキャッシングの申し込みは腰が引けてしまうはずです。そのようなときには担当者と対面せずにキャッシングの申し込みができる自動契約機がおすすめです。自動契約機ならば直接担当者と対面しなくても機械相手にキャッシングの申し込みの手続きができるからです。

私がおすすめするキャッシングの会社とは?

私はこれまでに様々なキャッシングを利用してきました。その中で私が1番利用しやすかったと思ったキャッシングについてお話をしていきたいと思います。私が利用してきた中で1番使いやすいと思ったのは「楽天ローン」です。なぜ楽天ローンが利用しやすかったのかと言うことについてですが、楽天ユーザであればあるほど金利が低く借りられることができると言う点、楽天銀行の口座を保有していれば簡単に返済を行えると言う点などが挙げられます。

特に金利が低かったと言うことがキャッシングを行うにあたり大変優れていることであると思いますので、低い金利でキャッシングを行いたいと言う方や、楽天銀行の口座を保有していると言う方は楽天ローンを利用することが大変おすすめであると言えます。